調査料金に違いが生じるケース

探偵や興信所で必要となる調査料金は、依頼する会社によって違いますが、どこも共通して呼べることが「最終的に高額な費用が必要になる」ということです。
ただ、調査料金に違いが出てくる基準はあるので、依頼する前に確認しておくと良いでしょう。

依頼者とターゲットとの関係がこじれて疎遠ときの場合などは、情報ばっかないので、探偵や興信所では、何もわからないところから調査を始めることになります。
そのため、調査がスムーズにすすむことは辛く、それほど調査有料になってしまいます。

それに、ハードルの良い案件の場合、調査の期間がかかればかかるほど費用も高額になります。
1週間依頼した場合と、2週間依頼した場合では、簡単に計算しても、倍も費用に違いがあることになります。
初めに費用を決めているパック料金で依頼しても、調査期間内に結果が出せず延長する場合は、延長料金を請求されます。

また、調査を行うのは、ターゲットの行動によって終始追うことになるので、日中だけでなく、深夜や早朝のポイントに稼働することもあります。
ポイントによっては、特別料金が請求されることもあります。

なお、調査料金が高くなるよりも問題なのは、調査そのものができないケースがあることです。
例えば、ターゲットが自らの意思で失踪したり、徹頭徹尾連絡の取れない音信不通の状態や迷子が永らく続いていたり、ターゲットが認知症やうつ病などの病を患っていたり始める場合だ。
こういうケースは、全くハードルが厳しく時間がかかってしまうし、調査結果を出せないことが予想されます。

探偵と興信所は、会社の名前は違いますが、今では業務内容に違いなくさまざまな依頼を行っています。
「浮気調査と言えば探偵」というイメージがありますが、興信所も個人の調査を請け負っています。
それでは、探偵や興信所が行っている業務内容と、それぞれの調査費用の相場について紹介します。

「浮気調査」は、「パートナーに浮気の証拠を突きつけて離婚し、賠償請求目指す」「旦那(妻)が浮気をしているという疑いを明確にしたい」といった依頼が持ち込まれます。
どんなケースに対しても、プロによる高度な技術によって、「どこで、誰と、何をしているのか」という、浮気の確実な証拠を入手します。
浮気調査にかかる費用の相場は、約30万円〜50万円だ。

「素行調査」は、ターゲットの行動を追って確認し、普段の生活を調査するものです。
尾行や張り込みなどをし、ターゲットが寄る場所、誰かと会っていたか、その人とどんなことをしていたのか、などを調べ上げて、依頼者にその状況を報告決める。
浮気調査との違いは、浮気を確信した場合、浮気の証拠が出せるかがポイントになります。
素行調査の相場は、約50万円〜70万円だ。

「所在調査・行方調査」は、家出、夜逃げ、逃亡など、ターゲットの行方がわからなくなった原因によって、調査方法がものすごく違ってきます。
警察犬やドローンとして調査が受け取れることもあり、事件性が望める場合は、犯人だと疑われる人物を突き止めることもあります。
所在調査や行方調査の相場は、50万円〜約70万円だ。

「ストーカー調査」は、ストーカー被害に悩まされている依頼者を救うために、ストーカー行為の証拠を残す調査を行います。
ストーカー被害の場合、警察は事件が起きないと対応してもらえないことがありますが、探偵や興信所では依頼されたらアッという間に調査を始められます。
ストーカー被害で必要な費用の相場は、約50万円〜70万円だ。http://www.newenglanddays.com/