加圧スパッツの割合�A

履き始めてややしたある日、急きょ湿疹が現れるようになりました。
その中でも殊に太ももは、帯状で真っ赤になってしまい、全体的に触れると熱も帯びてあるような状態だった為、皮膚科を受診しました。

診断結果は、外部からの何等かの圧力に寄るものだについて。
加圧スパッツを着用している事を知らせると、それが原因だといわれ、今後使用しないようにと言われました。

●加圧スパッツではサイズ選びが大切●
国民生活センターから発表された事において、加圧のあるスパッツやレギンスというのは、自分に当てはまる適切なサイズを選ぶ事が大切だと発表しています。

痩せたいから、細長く足を見せたいからという理由で、小さめのサイズを選んでしまうと、脚に掛かる圧力が強くなってしまい、血行を悪化させてしまう。すると、身体に異常をきたしてしまう事になります。

ですが、加圧の製品というのは、製品によって加圧具合が違う。おんなじ加圧力であっても、スパッツの裁縫具合によって感覚は違ってくるものです。ですので、自分の適切なサイズが解らず、初めて履く場合には、大きめのサイズを選択する事が望ましいとされています。

そのように注意事項を記しておる製品もあります。
加圧に慣れていない方の場合には、大きめのサイズでの圧に慣らさせてから、適正なサイズへと変更する事で、身体への負担も少なくなるでしょう。

このような加圧スパッツは継続していく事で、効果も発揮して出向く製品だ。無理に積み重ねる事で、上記で解説したような重い湿疹等になってしまっては、元も子もありません。余裕サイズ選びを心がけましょう。

●繰り返し履きにも注意を●
また、加圧スパッツやレギンスを履いた上に、ハイソックス等といった、他の加圧をする製品を重ねて履く事に対しても、国民生活センターは注意勧告しています。

繰り返し履きを通して、圧は変わってしまいます。
寒さ対策等で繰り返し履きが狙う場合には、圧のないゆったりとした物を履く等して、加圧し過ぎないようにする事も大切です。

また、まくれ上がりにも注意して行く事が必要だとも勧告されています。
まくれ上がりが起こってしまうと(意図的に巻くって仕舞う事も含みます。)、衣服の圧が伸びるというリスキーをはらんでしまう。

こういうまくれた部分というのは、分かりやすく説明すると、分厚い輪ゴムものの物だ。その部分だけに集中して圧が掛かって仕舞うという状態になりますので、必要以上の過剰な圧をその狭い部分に与えて仕舞うについてになります。

短時間のうちに、このようなまくれ上がりが発生してしまう場合は、着用した加圧スパッツやレギンスのサイズが適正ではないケー。
または、製品そのものの品質や構造が、自分の体型には合っていない可能性も考えられます。

どちらにしても、適していないという事なので、その場合には使用は遠退けるのがベストでしょう。

●まとめ●
このように、加圧スパッツに対するリスキーというのは、幾つか存在します。
2011年に勧告されたものという事で、古さを感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、現在の加圧スパッツを履いていらっしゃる方たちの認識というのは、この頃と大差がないと思われます。

”強く締め付けられてある感じがする”と感じた場合には、それは加圧ではなく、まさに脚部が締め付けられていて、血行が滞ってしまってある状態になっていると考えましょう。

大きな事故に繋がらないよう、是非ふさわしい使い方を通じてください。http://www.brookhaventrust.org/